ブログ

【ブログが読まれない】文章で読者を惹きつけるリード文の書き方5ステップ

  1. HOME >
  2. ブログ >

【ブログが読まれない】文章で読者を惹きつけるリード文の書き方5ステップ

「ブログを書いても全然読まれない」

「リード文の書き方がしっくりこない」

「ブログ初心者でも分かるリード文のテンプレが知りたい」

 

こんな悩みを解決します。

 

リード文とは、今まさにあなたが読んでいる場所のこと。

 

読者を本文へと惹きつける役割があります。

 

記事の冒頭が雑だと、どれだけ本文が魅力的でも読者に読まれることは一生ありません

 

ぼく自身、リード文の書き方はダメダメでした。

 

ですが、リード文の型をマスターしたことでGoogleアドセンスに合格し、最後まで読まれる文章になったんです。

 

なので今回は、読者を釘付けにするリード文の書き方とテンプレを紹介。

 

本記事を参考にすると、リード文の書き方を理解でき、最後まで読まれる文章になります

 

 

【ブログが読まれない】文章で読者を惹きつけるリード文の書き方5ステップ

ブログ 読まれない

  • 読者の悩みを明記
  • 注意喚起
  • ストーリー
  • 記事の内容
  • 未来をイメージさせる

 

上記の5つです。

 

順番に解説しますね!

 

 

読者の悩みを明記

記事の最初は、読者の悩みを書きましょう

 

なぜなら、記事の始めに悩みを書くと、読者が自分が読むべき記事だと思ってもらえるから。

 

例えば、あなたが『 職場の人間関係での悩み 』を解消したいとします。

 

検索してたどり着いた記事のリード文だったらどうでしょうか。

 

ダメなリード文

『 こんにちは!たかしです!

最近、会社の上司とうまくいかなくて、円形脱毛症になるくらいストレスが溜まって最悪なんですよ〜

ご飯もいつもだったら10杯はいけるんですけど、食欲が湧かなくて3杯しか食べられなかったんですよ〜

ほんと、あの上司なんとかして欲しいもんですよね!あなたもそう思いませんか?』

 

文章も長く、自分語り。

 

真っ先に、「 あっ、この記事ダメだな。他の記事を探そうっと 」てなりますよね。

 

本記事を例に出すと以下の文章が該当。

 

「ブログを書いても全然読まれない」

「リード文の書き方がしっくりこない」

「ブログ初心者でも分かるリード文のテンプレが知りたい」

 

こんな悩みを解決します。

 

なので、記事の最初は読者の悩みを明記しましょう。

 

これは超重要ですよ!

 

 

注意喚起

つまり、読者に危機感を与えるということ。

 

なぜなら、人は危機感を感じると、「 ヤバい!やらないと! 」と行動するから。

 

あくまで危機感、脅してはいけませんよ。

 

例えば、あなたが上司から頼まれごとをしているとします。

 

期限は1週間後。

 

「 余裕で間に合うな! 」と思っていたあなたですが、急に期限が明日になりました。

 

するとあなたは「 明日かよ!早くやらなきゃ! 」とYouTubeを見るのをやめ、行動します。

 

このような危機感が人の感情を揺さぶるのです。

 

本記事を例に出すと以下の文章が該当。

 

記事の冒頭が雑だと、どれだけ本文が魅力的でも読者に読まれることは一生ありません

 

ですので、読者に緊急性だということを意識させましょう

 

 

ストーリー

つまり、どんな背景・経緯があったかということ

 

なぜなら、人はストーリーが大好きだから。

 

ゆえに読者を惹き込むことができます

 

例えば以下の文章。

 

  • A : たかしのブログ日記
  • B : 1000万の借金を抱えたたかしが、自分で稼ぐ力を得て借金返済までのブログ

 

明らかにBの方が読みたいと思いますよね。

 

ストーリーはブログを書く上で、独自性につながりオリジナリティのある記事になります。

 

本記事を例に出すと以下の文章が該当。

 

ぼく自身、リード文の書き方はダメダメでした。

 

ですが、リード文の型をマスターしたことでGoogleアドセンスに合格し、最後まで読まれる文章になったんです。

 

ですので、リード文を書くときは、ストーリーを意識しましょう。

 

 

記事の内容

記事の内容も、書いておきましょう。

 

なぜなら、冒頭で内容を書くことでどんな記事なのか、読者がイメージしやすいから

 

内容が複数あるなら、箇条書きでまとめましょう。

 

箇条書きの場合はこんな感じ。

 

  • 読書をするメリット5つ
  • 読書をするデメリット3つ
  • 読書初心者におすすめの本5冊

 

そのほうが見やすく、読者に親切ですよね。

 

本記事を例に出すと以下の文章が該当。

 

なので今回は、読者を釘付けにするリード文の書き方とテンプレを紹介。

 

リード分だけに限らず、2〜3個ある情報は箇条書きにすることを意識しましょう。

 

 

未来をイメージ

つまり、読むとどんなメリットがあるかということ。

 

なぜなら、未来をイメージできると「 俺でもできるかもしれない! 」とやる気が湧いてくるから

 

 

例えば、あなたが転職を考えているとします。

 

  • A : 本記事を参考にしても、何も得るものはありませんよ。
  • B : 本記事を参考にすると、あなたが転職すべきかどうかがわかりますよ。

 

極端な例ですが。

 

しかし、Bの方が「 この記事を読めば、何かを得られそうだ!よし、読んでみよう! 」ってなりますよね。

 

本記事を例に出すと以下の文章が該当。

 

本記事を参考にすると、リード文の書き方を理解でき、最後まで読まれる文章になります

 

ですので、リード文を書く際は、読むと読者にどんなメリットがあるのかを明確にしましょう。

 

 

読まれないブログから読者を惹きつける文章になるリード文のテンプレ

以下がリード分のテンプレになります。

 

「 (悩み) 」

「 (悩み) 」

「 (悩み) 」

 

こんな悩みを解消します。

 

僕は、〇〇で✖️✖️でした。

 

ですが、△△したことで〇〇になれたんです。

 

〇〇なままだと、△△になることはありません。

 

以前のぼくは、〇〇でした。

 

ですが、〇〇することで✖️✖️ができるようになったんです。

 

今回は、〇〇なあなたに向けて〇〇を紹介。

 

本記事を参考にすると、〇〇が理解でき✖️✖️になれます。

 

リード分の型はこんな感じ。

 

あとは、あなたの記事に合わせて埋めるだけです。

 

 

【ブログが読まれない】文章で読者を惹きつけるリード文の書き方5ステップ まとめ

まとめ

今回は、ブログ初心者に向けて読者を惹きつけるリード分の書き方を紹介しました。

 

最後に、今回の内容をざっくりまとめます。

 

  • 読者の悩みを明記
  • 注意喚起
  • ストーリー
  • 記事の内容
  • 未来をイメージさせる

 

これらを意識するだけで、あなたの文章のレベルは格段に上がります

 

毎日少しずつでも、取り入れてみましょう。

 

 

ブログを書く上で、参考になった本です。

 

教科書がわりにぜひ。

 

 

 

書評記事に興味がある方はこちら

>>【簡単】書評ブログの書き方をわかりやすく解説【実績0でもOK】

 

スポンサーリンク

-ブログ

Copyright© ゆとりクエスト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.